10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ひとつあがりのカフェテラス

古代日本、いわゆる神代の時代、日本の真の姿が知りたくて、神社伝承を追い求めています。

12.八幡古表神社・古要神社とアカル姫①  

先日、ひぼろぎ逍遥の古川清久氏に「今度は、古要神社(大分県中津市)、八幡古表神社(福岡県吉富町)とアカル姫イワナガ姫)との関係を書くつもりです」と話をしたところ、すかさず、「古要・古表は難しいよぉ」って、とてもアッサリとしたアドバイスをいただきました。

そうなんです。
確かに難しいですね。
ましてや、アカル姫(イワナガ姫)の足跡を探るなどとは、雨夜の月と申しますか、確証を掴めずにして当然なのかもしれません。
ただ、アカル姫の追っかけをやっている私めとしては、この辺で一度、古要・古表について整理しておこうと思った次第です。

さらに、大分県内にはイワナガ姫を祀っている「雲見神社」がいくつか鎮座しており、ここのところも非常に興味のあるところなので、今後、徐々にレポートをアップしていきたいと思っております。

八幡古表神社と古要神社は、どちらも傀儡子(くぐつ=繰り人形)による神舞や神相撲(傀儡子による神様の相撲)がつとに有名で、宇佐神宮の放生会で奉納されてきました。

その古表、古要について、百嶋先生は(「肥後翁のblog」から転載)

古表宮のことを申し上げましたので、古要を申し上げます。
古表は福岡県側の吉冨町、古要は大分県側の中津市にあります。
どちらも秦の始皇帝のところに西の方から逃げてきた逃げてきた逃げてきたの、後々、氵嬴(イン)一族といわれた人々の一時の仮住まいがここにあったのです。
どこを意味しているかというと、胡は胡人の胡です。
胡は西から来た人という意味です。
次は、表、要の地はどこにあるかというと大体、酒泉、これはですね、万里の長城、万里の長城の東の終点から、日本の方を眺めると、時たま、変な画像が浮かび上がるそうです。
日本があるんですよ。
東の端っこです。
そして、万里以上の遠いところに酒泉がある。
別の名前は嘉峪関(かよくかん)、万里の長城の西の終点です。
熊本城とそっくりです。
一万六千里くらい離れている。
そして、嘉峪関の近く、同じ場所に酒泉がある。
酒泉の意味は、2100年前に漢の武帝がやられてやられてやられっぱなしであった匈奴をやっつけてホッとして、将兵の苦労をねぎらう為に大きな酒樽を酒泉に運びまして、それでもその兵隊の数に足りないので、ここの泉に酒樽の酒をどーと投げ込んでみんなで夜光杯をかたむけたんです。
夜光杯は玉(ぎょく)です。
これを何万の将兵が酒泉に投げ込まれた酒兼水を夜光杯でかたむけたのです。
 (中略)
例えば、さっき申し上げましたように、「要」という地名が酒泉の近くに今もあるんですよ。
それから、「支那」という地名も今の中国の雲南省の地図にあるんです。
「表」の地名についても、酒泉の近くに同じ名前があると思って探しております。
 
と、話されています。

また、アカル姫については、

そしてこの方が最初、日本に入られる前のお名前はアカル姫です。
そして、ダンナの名前は、朝鮮半島から追いかけてきた天の日槍(後に、日本での名前は素戔鳴尊)です。
アカル姫のコースを申し上げます。
まず、日本に最初に入ってこられた場所は但馬国、現在の兵庫県です。
それから大分県の国東半島の姫島です。
そして国東半島に上陸します。
そして奥の方にはいられて安心院です。
そして表に出てらっしゃたのは神相撲をしている古表宮です。
“古”は“胡”の意味です。
そして、いまでは岩長媛となられたのです。

とも話されています。

大分県との県境(福岡県築上郡吉富町)に鎮座する「八幡古表神社」は、五月の若葉のように瑞々しく、凜とした、とても気品に満ちたお宮さんですね。


神門前の鳥居と参道
800kohyoutorii1.jpg 

大きな唐破風が特徴の随神門
800kohyouumon.jpg 

神門からの社殿。
正面は八幡宮(息長大神宮(おきながだいじんぐう))。
その両脇に四十柱宮(よそはしらぐう=古表大明神)と住吉神社が鎮座。
800kohyoumon1.jpg 

御本社・八幡宮(息長大神宮)
800kohyouhaidenmae.jpg 

御本社・拝殿
800kohyouhaiden1.jpg 

御本社・申殿に掲げられている当神社の別称「吹出濱神社」の神額
800kohyouhaiden4.jpg 

四十柱宮
800kohyouhaiden2.jpg 

四十柱宮の拝殿-申殿
800kohyouhaiden3.jpg 

Posted on 2016/10/24 Mon. 19:16 [edit]

category: 日記・古代史

TB: --    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form